スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてうなぎを食った時の話し!

プロフィール体験談
09 /07 2008
ハイサイ♪今日もがんじゅう(元気)でしょうか?
ちょいちょい方言でお話しますので、興味のある方は覚えて下さいね。。そのうち翻訳なしで行きますから。。

今日はちょっと長いから少々お時間をちょうだいね。



今日もポチッと応援よろしくです!→banner_04.gif
携帯の方は応援ポチ!こちらです


では、今日は私がうなぎを始めた食べた話をしますね。ただの話ではないことお判りですよね。。

さっそく行きましょう。。

この話も、いつものように悪がき四班のメンバーは必ず一緒ですので、あしからず前回もお話したように、私たちの遊び場は、中○農林高校の近くでした。中○農林高校は名前の通り農業専門の学校です。野菜、果物それから動物(豚、牛、鶏)もいて、私たちのおやつの宝庫であり、サファリパークでもありました。

その中○農林高校の側に農林ガーラという川がありました。夏場はこの川が最高の遊び場でした。

そうそうここで、うなぎが釣れたんです。ほんと。。

どういうことか言いますと。この川の上流には、うなぎの養殖場があったんです。その養殖場からうなぎの稚魚が逃げ出して、農林ガーラに住み着きりっぱなうなぎに成長していたのです。

まず、これを先に話しておかなければいけません。当時沖縄、私の住んでいたところだけかもしれませんが、うなぎを食べると思っていませんでした。食卓はもちろん、うなぎ屋さんなんか見たことも、聞いたこともありませんでした。

だから、農林ガーラで釣ったうなぎは、キャッチアンドリリースするか、観賞用としていました。(アホか?)でもこれもマジ!

まず、例の豚小屋基地覚えてますか?その基地の正面に農林ガーラがあるのです。その場所が釣りのポイントです。ちょっとした滝になっています。(そんなたいしたもんじゃないですよ)

こんな感じです。



nouringawa.GIF



豚小屋基地が解らない方はこちら、『ひざまずきで甲子園観戦!』http://tetsunankurunaisa.blog.fc2.com/blog-entry-8.htmlを見て下さい。


ここが、釣りのポイント、この滝つぼ下には、ウジャウジャとうなぎちゃんがいっぱいいたんですよ。ちなみに滝つぼをプール代わりに泳いでいたこともありますね。しかし次の日は、体中にへんなのが出来ていました。


ここで、いつものメンバーと釣りを楽しむのです♪


まずは、釣りする準備ですが、竿、糸、針は普通のヤツを使います。いちょうこれだけは市販の物を使っていました。さすがにこれはありました。。。

餌ですが、川の側に下水道がありその辺の土を掘り返して『ミミズ』をゲットしてこれを餌にします。

こうゆう感じです。


mimizu.GIF




ここでも、ぶったまげる話があるんです、ここで採れるミミズよっぽど環境がいいのか、でかいので60~70cmの大きいみみずも採れたんです。マジびっくりですよ。もちろんこれを付けて釣りすると、うなぎが口にはいらないので、ぜんぜん釣りになりませんが。


それからね。ミミズが餌では無くて、どういう訳けかこんなんでも釣れていました。これです。

ヌーリーです。



nu-ri-.GIF



これはね。最初の農林ガーラーの絵を見てください。滝の中と壁に緑の何かが付いていますよね。これこれ、藻とでも言いましょうか、川の石、底、壁などいたるところに生息している物です。ヌルヌルしていて、こいつをゴムぞーりで踏むとツルツル滑ります。これはこれで、楽しく滑って遊んでいたんですがね。


餌を調達したら、早速釣りの開始です。

このポイントは、先ほども言いましたように、うなぎがうじゃうじゃいるんです。こっちが養殖場か~ぁ?って言うぐらいです。
もうお判りですよね。この中にミミズを入れてごらんなさい、1分もたたないうちに、うなぎの入れ食い状態なのです。

もう、息つく暇などありません。。。

うりひゃー(これは掛け声かな)、ちょーんど(きているよ)、ハイ!一匹、はい餌付けて次ってこんな感じで!



kita.GIF




もう1時間もすれば2、30匹はかるく釣れていましたね。。

それから、数時間釣りにも飽きてきて、釣ったうなぎをいつものように、キャッチアンドリリースしようと思ったときに、なぜかふと思い出したのです。

家にでっか~い水槽があるのを!

あい!わったー家にマギー水槽があるやっさー(僕のうちにでっかい水槽あるなー)それに入れてうなぎを飼おう。。もう思いつきもいいところ、ひらめいたすぐ行動に移すテツをもう誰にも止められません。。(この時の行動力は凄い)

早速、30匹ぐらいのうなぎを持ち帰ることにしたんです。自宅までは2分ぐらいでした。

紹介しましょう♪テツの自宅はこんな感じでした。

こちら


agenahouse.GIF




赤瓦の典型的な沖縄のうちでした。正面左に駐車場、左奥にトイレとお風呂、外にありました。右奥は、とぃぐぁーごや(鳥小屋)その後ろとなりが、ちょいちょい出てくる幼馴染のみー○ー家でした。


鑑賞用にするために、しまっておいた水槽を出してきて、掃除して農林ガーラから、川の水を汲んできては、水槽一杯にして、うなぎを移し変えました。



suisou.GIF




水槽ギュウギュウに入ったうなぎは、満員電車状態で身動きひとつとれず、もう苦しそうでした。中にはもう力つきそうなヤツもいましたね。。
当然鑑賞用ですから、どこか見えるところに置かないとな~と思い、考えたあげくいい場所見つけたのです。


はい玄関の靴箱上!ここが一番最高やっさーと、設置しました。

こんな場所。



agenainhouse.GIF




いつもの通り、わーぃわーぃ上等やっさー、お客さんが来ても良く見えるからね♪まるで、玄関を入ってきたら、いらっしゃい♪うな重一丁って感じになっていました。(ほんとアホです。)この時点で玄関は悪臭で凄いことになっていました。



バッチリやっさーと、いつものごとく達成感に浸っていました。

はいはい、ここから、まだまだ終わらないのが、アホ!テツです。もう思い付きとサバイバル魂に火が付きました。

家の両親は共働きで、夕方7時ぐらいにしか帰ってきません。もう家の中でもやりたい放題です。


いつものことです。

これ食べられるかな。もうこの疑問を持った時点で、私は1匹手にとっていました。ハッハッハー

はい3分間クッキングの始まり~♪(3分では終わらなかったが・・)

まず、うなぎを水洗いします。水で洗っているのですが、このヌルヌルがぜんぜん取れないのです。川の水も飲んでいるからきれいにしようと、うなぎの口をあけて、水道の口元にうなぎの口はめて、水道発射!みるみるうちに、うなぎのおなかが膨れてきて、破裂寸前うなぎから手を離して、バッシャーン。。思い切り水をかぶり、ハッハッハー・デージやっさー(たいへんだー)って感じで料理がスタート。。先が思いやられる。。


次にヌルヌルも適当、腹もさばかない、準備オッケーです。

それで、どうやって行く、食べる?

やっさー(そうだ)、魚のさしみみたいにすればいいと思ったのです。はい、やっちゃいましたよ。。

包丁片手にうなぎの胴をおもむろに包丁を入れてみました。ところがこのヌルヌルのおかげか、全然切れない。。しばらく格闘していたら全然うまくいかない!困り果てた私はえ~いめんどくさいと。しょうゆかけて胴の部分をひとカジリ、ガブ!

ありひゃーでーじまーこーねーん(悲鳴!とってもおいしくな~い)

今でも覚えています。あの生臭さと、ヌルっとした感触には脳みそがひっくり返りそうになりましたね。

これでも、まだ諦めませんでした。

今度は、これだ!



unagi-yaki.GIF



茹でればなんとかなる、数分茹でたでしょうかさっきよりは見た感じも食べられそうな感じになっていましたね。

白く茹で上がった、うなぎを皿に移して、ここもまたしょうゆをかけて一口パク!

先ほどの衝撃があったからか、なんとなくこれはいけると感じて全部は食べませんでしたが、茹でればいけるんだなぁーと感じた瞬間でした。

いちょういっておきますが、今も茹でて食べていませんよ。。。


これが、テツの初めてうなぎを食べた時の話でした。

今思い出すと、なんでセミは焼いて食べたのに、うなぎは焼かなかったのかな~♪

それで気になる、水槽のうなぎは?

え~とね。あの後両親が仕事から帰ってきて、玄関入るなりおっとー(父)が

え~ぬうが、あんしくささる(おーいなんでこんなにくさいか?)

それからうなぎを見て

はーしぇ、やなわらばーや、へーく、かーらんかいいんじゃーに、してぃてぃくーわ(驚いた表現、いたずらぼーず、はやく川に行って捨ててきなさい)


また、こっぴどく怒られて、夕方の農林ガーラにうなぎにさよならしました。


よいこは、うなぎは蒲焼で食べて下さいね。

今日も一日なんくるないさー♪



ランキングにもポチッと応援よろしく!→banner_04.gif
携帯の方は応援ポチ!こちらです


追伸
肝好きな方すみません。内臓は食べられませんでした。(あったりまえです。アホ!)

まだまだ、続きますよ。アホ!テツの体験記。。よろしくね
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

tetsunankurunaisa

noriです、典型的なB型人間です。一度、思い込んでやってみようと決めたら燃え出す性格です、なんくるないさーテツは!過去の思い出とか日々の出来事を公開しています。


noriへのお問い合わせは!↓
noriお問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。